楊柳観音菩薩 (国重文指定)

御神徳:健康長寿・病気平癒

鏡神社には古くから絹布に描かれ、縦419cm幅254cmの大幅な観音様があり、江戸末期までは大祭ごとに小屋をつくり、開帳されていたと「松浦風土記」や「鏡宮縁起」に記されていましたが、明治維新の廃仏毀釈によってその存在すら忘れられていました。ですが、昭和43(1968年)年、伊能忠敬の「測量日記」などの史料によりその内容が明らかになりました。 それによりますと、この画像は高麗王忠烈王妃叔妃が衆生救済のため、1310年に宮中画家に描かせたもので、それを鏡神社にゆかりのある僧良賢が買い求め鏡神社に寄進したものと記されております。 なお14世紀には唐津を本拠とした松浦党が対外交易を盛んに行っていた時期でもあり、この画像もその時の交易品だったとも考えられます。

一ノ宮御由緒 二ノ宮御由緒 楊柳観音菩薩(国指定重要文化財) 立神祠御由緒